Skip to main content

Posts

Featured

You Don't Have to Say You Love Me.

読む期間に入ったので、読んでいるけれど、ただ読んでいたら書きたくなるよね。
覚書レビューは書くと決めていたけど、何か良いシステムを考えなければ。

そして一個出そうと思ってて間に合わなかったコンテストの締め切りが今月末まで伸びたので、それはちょっと例外的に書こう。
*****
You Don't Have to Say You Love Me by Sherman Alexie


Oh man, he is so good.

思わず読みながらつぶやいてしまうほど、
シャーマン・アレクシーは素晴らしい。
小説もだけど、何より、詩と、
伝記的な文章がやばい。

エグラレル。

痛みを伴うユーモアが、抜群。
声を上げて笑うパッセージの次に、涙がこみ上げる。
泣いているのに、声を上げて笑ってしまう。

私がアレクシーの作品に出会ったのは、2008年、コロラド。
パインリッジ・ラコタインディアンリザベーションという先住民の居留区に訪れた後、先住民の人たちのことがもっと知りたいと思って観た映画が、「スモークシグナルズ」というもので、その脚本を手がけたのがアレクシーだった。

アレクシーは、Spokane-Coeur d'Alene族のライター。リザベーションで貧しさ、いじめ、病気、虐待、様々なものと戦いながら育ち、12歳の時に白人の町で一人教育を受ける決意をする。生い立ちはThe Absolute True Diary of Part-Time Indianに綴られているので、気になる人はそちらを。アレクシーは辛口にコロニアリズム、白人主義などを批判。性的なことも、暴力的なことも、正直に描く。そのため、彼の作品の多くはコンサバ層の反感を買い、学校図書館で禁書リストに載っている。

だけど、私は彼のライティング、書くサブジェクトマターがとても好きで、
コロラドから佐賀に帰った2009年から2010年にかけて、彼の全作を読破し、彼の作品に登場する暴力について、卒業論文を書いた。

前置きが長くなったけれど、今回の作品、You don't have to say you love meは、亡くなった母親についての回顧録"memoir"として出版された。実は私はあまりmemoirという形態の読み物が好きじゃないので、気になりながら、買わずにいた。クリスマス…

Latest Posts

Seen from Above

100 things to do

review

A long night

Merry Christmas

Catching up

Humbled

floating alone

flowers and books

train rides