Posts

Showing posts from November, 2015

バルザックとプレグナンシー・グロウ

Image
友達とディムサム。
小籠包と餃子すごく最近食べたかったので、お腹いっぱいいただきました。

それから、ヤングXブロア駅のすぐ近くに有るリファレンスライブラリー付きのカフェでお茶したよ。
ホームページhttp://www.balzacs.comより
バルザック・コーヒー・ロースター。
カナディアンのカフェで、とってもかわいいよー。
オノレ・ド・バルザックというフランスの小説家が、毎朝すごく強いコーヒーを飲んだことから、カフェの名前がバルザックになったんだって。

文学好きな人が作った会社だからか、アトウッドブレンドというコーヒーも。
カナダ文学の第一人者、マーガレット・アトウッドにちなみ、鳥に優しいコーヒーにしたんだって。アトウッドは自然について書くとピカイチ。とても好きな作家の一人です。

冬メニューあるよ
セカンドカップやティムズなどカナディアンカフェチェーンはいっぱいあるけど、ちょっと飽きたというあなたは是非トライしてみて!とってもかわいいよー。お土産にも良さそうなグッズもいろいろあったし。焼き菓子も充実してました。
最近友達から 「プレグナンシー・グロウが出ててきれい」 と良く言われる。
最初は????だったのだけど、
Pregnancy Glowってこっちの妊婦さんの間では結構ビッグディールらしくて、妊娠中期くらいから血液量が増えるのと、ホルモンの影響で、肌の調子に変化があるんだって。プレグナンシードットコムというウェブサイトでは、 「妊婦が楽しみにしているプレグナンシーグロウ!」と説明がしてあったよ。「妊婦の輝き」、なるものですね。
髪や肌の調子が良いのは本当。全くトラブルがないし。 だけどそれは多分血液やホルモンの影響だけじゃなくて、マイケルや友達や家族がいろいろ助けてくれて、ストレスが少ない毎日を送らせてもらってるからだと思う。
また忙しい一週間になりそうなので、今夜は早く寝よっと。 おやすみなさい!




意外な腹筋の弊害

眠いー
また今週は妊娠ファティーグというのか、疲れやすい一週間だったー

だけど、ドキュメンタリーの仕事もひと段落ついたし、
ベビーシッターもとっても楽しくできたし、
書くのもそれなりに捗ったので、まあいいや。

だけどやっぱりマルチタスクができなくなっていて、仕事ちゃんとすると、
家のことが全然できないー
マイケルにしてもらってばっかり。マイケルも仕事忙しいのにね。

ミッドワイフ検診で、すべて順調、
血液中の鉄分もなんでか増加しているよ!って言われ、ハッピーだったのだけど、赤ちゃんを触りながら、ミッドワイフが一言。

「あなたの腹筋が強すぎて
赤ちゃんの頭の位置がわかんないよ」

赤ちゃんが正常位置なのか逆子なのかイマイチわからないって。

ミッドワイフは赤ちゃんの位置や成長具合をお腹を触れることで診察してくれて、
超音波は初期に二回あっただけだったんだけど、
希望すれば今回超音波できるということで、することにした!

しゃっくりを感じる位置や、鼓動の位置がおへその下なので、大丈夫かなーとは思うけど、もし逆子だった場合、お灸とか体操とか、いろいろ試せる時間が長い方がいいし、赤ちゃんどんな感じなのか見たいし、良い機会かな。

今までも腹筋が強くて、触診が難しいとは毎回言われてたけど、
本当に位置がわからなかったのは今回が初めて。

剣道で鍛えたからなのか??

インターネットで色々読んでたら、結構腹筋強くて触診で位置がわからないって言われる人、多いみたい。

逆子の可能性があると言われた時はなんかどっきーんとしたけど、
なるようにしかならないので、もし超音波でそれが確定したらできるだけのことをして、あとは赤ちゃんに任せようと思います。

でも本当に今週は疲れやすくて、友達とお茶してる最中に眠りそうになったり、
なんかまわりに申し訳ない。。

夜も8時くらいから猛烈に眠いし。

毎日歩いてるけど、足がめっちゃ重く感じるし。

特別なことは何にもしてないのにな。
とりあえず良く寝て、楽しい週末にしよーっと。


プリネータルクラス

Image
仕事と掃除の後、プリネータルクラスへ。

Prenatalというのは、出生前の、とか妊婦向けのという意味。
出産時や出産後のことについて学ぶクラスです。

私たちを含めて参加したのは5組のカップル。
夜7時からの開始でみんな、母親になる人とサポートパーソンが参加。

ベテランミッドワイフで学校で教えてる先生と、その助手がクラスを進行。
これから5回2時間ずつ、なので10時間一緒に学びます。

最初は母親の体の変化について、内臓やホルモンを詳しく見ていき、
それから出産のそれぞれのステージでどんなことが起きるのか、どんなことを予測したり準備したらいいかを学びました。

マイケルが「どうしてきつねが疲れやすかったり、胸焼けがしたりするのか、メカニズムがわかってとてもよかった!」って言ってた。

クラスが始まる前に、"Creating Your Birth Plan"という本をちょうど読み終わり、自分なりのバースプランのそれなりの形ができていたので、具体的な質問ができてとてもためになった。


この本は、とてもわかりやすく出産で遭遇する可能性のあるトラブルや、それへの対処の選択肢など説明してあり、マイケルと少しずつ一緒に読み進めました。
医療制度や法的なことはアメリカベースの情報が多いので、参考程度に。 バースプランを「法的な文書に」って書いてあったけど、私たちの場合は、お産から出産後のプロセスを学ぶきっかけ作りで、このプランはミッドワイフに見せて、話し合って、フレキシブルにやっていけたらいいな。
クラスが終わった頃には雪が結構降っていて、寒かったー。 マイケルとティムズでちょっとお茶。
ティムズのクリスマスメニュー ちょこっと食べて食感がダメでギブアップ。 私は普通のメニューがいいみたい。
最近寒いけれど、お月様がとてもきれい。 寒さを忘れてずーっと外に立っときたくなっちゃう。
今日の朝の庭
いよいよ冬って感じになりだしたけど、滑らないように、風邪ひかないように気をつけていこー。



レコード、ケーキ、ケンジントン

Image
日曜日はマイケルが丸一日開けてくれた。
朝買い物に行ってくれてる間、ぬるめのお風呂でゆっくり。
やっぱりシャワーだけじゃなくて、ときどきは湯船につかりたい。

お昼の後、クイーンウェストへ。
学校行ってるとき、いつもカレッジ通りのレコード屋さん群に二人で行っていたから、今日もそれをクイーン・ウェストでしてみた。
楽しかったのは、コスモス・レコーズ。

今まで知らなかったけど、クイーンウェストとスパダイナの少し西にたくさんヴィンテージのレコードを売る店があって、売っているものが「日本限定発売」のデイヴィド・ボウイだったり、クイーンだったり。

画像はお店ホームページより
今トロントは空前のレコードブームで、新しいレコードを売る店がいっぱい。20ドルくらいだよね、新しいの。このコスモスレコーズは、本当にヴィンテージの保存状態の良いものを取り扱っている印象(価格帯50ドルくらいのものが目に付いた)。クラッシュのファーストアルバムのレコードがとっても欲しかったし、ニナシモンのコンサートレコードも!!マイケルは音楽ナードなので、超興奮してたよ。
休憩は最近ずっと食べたかった日本で食べれるようなケーキのお店。バターアヴェニューで。 ホームページはこちら ローレンスとクイーンウェストに 二つのロケーション

ベーキングが大好きでケータリングもする友達、ロリーンがおいしいよ!って教えてくれたお店。マカロンが有名みたいで、行列ができたりするんだって。
私のオーダー、抹茶ケーキ
マイケルのはチョコ
ケーキ一個7ドルくらい、ティーやアメリカーノが3ドルくらい。甘さ控えめで抹茶ケーキ上品な味。マイケルのは濃厚なチョコでとってもおいしかった!ゆっくり座れるスペースが地下にあって、雰囲気もモダンでクリーン。素敵でした。
今週末をもって、スイーツは極力家で作ろうルールは終了。外にいる時間がなんでか長くなってるので、家で作るのが難しくなってきたのと、ネスティングインスティンクととやらが消えてるのか、全然家のことにまた興味がなくなった!!
またぶり返すのかなー?
休憩の後は、アートサプライストアに行ったり、もう一個レコードショップを見たり、 ケンジントンマーケットに行ったりして、たくさん歩いたよ。



やっぱりケンジントン大好き〜
引っ越したら近くなるし、冬のケンジントンもいっぱいたのしもーっと。
いっぱい休ん…

マタニティヨガとチョコブーツ

Image
マタニティヨガ。

今までユーチューブを見ながら日々取り組んでいた体操が二つ。
骨盤体操とヨガ。
どちらもマタニティフォーカスなので、安心して取り組んでいたのだけど、

時期が区切ってあり、後期になればなるほど動きがすごく優しくなる。ちょっと物足りない。

まだ前の月のやつ、できるけどなーと思うんだけど、しないほうがいい動きとかもあるんだろうなあと思って、どうしようか迷っていたら、

ミッドワイフがフリーマタニティヨガを行っていると聞いたので、行ってきた。

他の人と一緒にヨガするの初めてだし、
先生がいるのも初めてだからちょっと緊張。
何着ていけばいいのかもよくわからなかったから、

お腹ベルト、ゆるいシャツ、ヨガパンツ(ウィナーズで買ってパジャマとして使ってたんだけどね)で行ったよ。

生徒が二人だけの超少人数セッションでラッキー♪
疑問に思っていたことを答えてもらいながら、ゆっくり一緒にヨガしました。

呼吸意識と瞑想をセンターに置いたすごくじっくりする感じ。
簡単な動きが多かったけど、集中してやると血行がとてもよくなってるのがわかる。
血の巡りが良いからか、赤ちゃんも超元気に踊ってるみたい。

楽しかった!!
もう一人の生徒さんと予定日が全く同じだったし、プリネータルクラスの曜日も一緒なので、これから仲良くなれたらいいな。

帰りはちょっと遠かったけど、歩いて帰る。途中で大好きなチョコレート屋さんSTUBBEに寄って、マイケルにプレゼントを買ったよ。別に特別な日じゃないけど、いつも優しく我慢強く一緒にいてくれるので、お礼だよ。



ブーツの中に、4つトリュフが入ってるの。これで12ドル。
トリュフとーってもおいしい!!

マイケルにこれあげたら、笑いながら、
"Give someone the boot"ってどんな意味か知ってる?

って聞かれた。きょとんとしてたら、

「解雇する、もしくは、別れるって意味だよ」

だって!!知らんかったーーーー!!!

失礼しました。その逆だからね。いつものお礼。



本当は帰宅後仕事しようと思ってたけど、良く分からないくらい体が疲れていて、
9時くらいに寝ちゃった。。

こんなに体が重く感じたの初めて!!
12時間くらいぐっすり寝たよ〜

ぺこぺこの日

ベビーシッター。

公園で目一杯遊んだら、最初はハッピーだったのに、なんか機嫌が悪くなってきたので、 ストローラーでお散歩して、近所の図書館へ。
絵本を一緒にぱらぱらめくってたら、 眠っちゃった。 かわいい寝顔。 結局そのままママのとこに帰るまでおやすみ。 ママと私がランチして話してるときもすやすや。
寝不足だったみたい。
ああ、かわいいなー。一緒に遊ぶのたのしいなー。 ベビーシッターの仕事、毎回とても楽しみ。
午後からは仕事。 だけど、昨日は無性にお腹のすく日で、何を食べても何を食べても、 全くだめ。全然集中できないし。。
カロリーが心配だったので、夜はマイケルが塩分超控えめゴマたっぷり豚鍋を作ってくれて、お腹いっぱい食べた。お野菜とキノコいっぱい。納豆も食べて、ご飯は一杯だけ。そしたらなんとか空腹感がおさまった。
今日は土曜日だけど朝ちょこっと仕事だよー お腹が空く日じゃないといいなー

引っ越すぞー

Image
朝の仕事のあと外出。
新しいアパートの契約へ。
わくわく!

前回隣人とのノイズトラブルについて書いたとき(詳しくは前記事を参照)、
警察を呼んでそのあと静かになっていた間に私とマイケルは作戦を立てた。

1 もしまたノイズが始まっても、感情的にならない。

というのも、一度すごく私が怒ってしまったときに、お腹がきゅーっと張って、怒りやストレスってすごく赤ちゃんに良くないんだなあって感じたから。

ノイズが始まったら、

ファンなどをつけてホワイトノイズで音を消す床を数回どんどんしてハッピーじゃないことは伝える(下の階の人なので)あんまりひどいときは警察を呼ぶ

というのをもうパターンにして、「ノイズだ、むかつく、どうしよう?」じゃなくて、「ああ、またノイズね。ほいほい。」という反応に変えた。

2 あの隣人は絶対またノイズを始めるので、静かなうちにコツコツ新しいところを探す

今までの彼女とのやりとり上、嫌がらせ要素ありで音楽を大音量でかけていた感がかなりあったので、おそらくほとぼりが冷めたらまたやりだすだろうなーと予想。

そんなのお産の前後や新生児を育てながら対応するのは嫌なので、良いところがあれば引っ越すオプションも残した。

アパートを探す上でのきまりは、

適当にやるストレスになってきたらやめる

「何が何でも引っ越すぞー」じゃなくて、「何かいいのがあれば引っ越してもいいよね」みたいな感じ。

案の定先週くらいからまた徐々に音楽が聞こえ始め、今度はいつ警察呼ぶのかなと思っていた矢先、もう長い間ウェイトリストで待ちすぎて忘れていた物件から連絡。

これどこだったけ??

指定された住所に行ってみてびっくり!
学校の帰り道、「こんなとこに住めたらいいなー」って思ってたVictorianハウスの一軒家だよ!!しかもデュプレックスじゃないし!!!

外観だけでめっちゃテンション上がったけど、中に入ってあまりのパフェクトさに、私もマイケルも、あわあわしちゃった。

立地もすごく良いし、近所はみんな教授が住んでるそうで静かだし、
一個の家に二つのテナントしかいないし。

そこで「イエス」とは言わなかったけど、ほぼ二人の気持ちは決まっていたね。
ショーイングの帰りに、いろいろなことを話し、細かいところを詰めて、数日考えて、昨日契約完了しました。

マイケルの職場からとても近いし、もうTTC乗らなくて良いし、ハイ…

朝から公園アイス

Image
朝、マイケルが仕事場に歩く途中まで一緒に歩く。
家から往復一時間くらいのとこまで。

そこはコリアンタウン。
ついでだからPATでお買い物しよう!

納豆やカレー粉やこのスーパーでしか買えないものをゲット。
でも、あんまり重いものは持てないので、夕飯分くらいの買い物で止めておいた。

レジに進む途中、
ときどき無性に食べたくなるメローナが目に止まる。

このアイス おいしいよね?
朝だけどね、9時の開店一番に来たんだけどね、 11月だけどね、 平日の朝だけどね。。
だって家まで待つと溶けちゃうし、 この陽気だし、
ということで、朝っぱらからクリスティ公園に座って、ひとりでアイスクリーム食べたよ。お腹で赤ちゃんがいっぱい蹴っていたよ。
君もメローナ、好きなの?
やっぱりおいしい〜 メロン味しか食べたことないから他のは知らない 安いし。79セント!

朝なのに、いや、朝だから? 若いカップルがいちゃいちゃしたり、ランニングしてる人がいっぱいいたり、婦人会っぽい集団が元気におしゃべりしたり。 なかなか楽しかった!
家に帰って、マイケルが7時に帰宅するまで、仕事をいっぱい終わらせた。 ディナーはステーキ、茹でた豆、ふかしたサツマイモ、しめじとほうれん草のソテー、ガーリックライスにしたよ。
近所のリタおばあちゃんからベビーギフトをいただいた。 そしてアメリカからも小包。友達のアシュリーからだった。
みんなのギフトと気持ち、とってもうれしい。
最近家でできる仕事を増やしていて、リサーチとか書くこととかコーディングとかスカイプで教えることとか。自分のペースでいろいろ学べて面白い。
今日も朝から教える仕事。 そのあとはお出かけ。今日も1時間は歩けるといいな。

おっぱいがいっぱい

Image
小さい時に好きだった曲に、
「おっぱいがいっぱい」というのがある。
その時はサビの部分の「おっぱいがいっぱい」っていうのしかわからなかったけど、今改めて聞いてみたら、結構切ない歌だったのね。



なんでこの歌を思い出したかというと、
昨日友達と一緒に「母乳の会」みたいなものに参加して、本当におっぱいをいっぱい見たから。

この会は、トロントに住むお母さんたちが自由に集まり、
トレーニングを受けたリーダーのもと、育児の悩みを話し合うドロップ・イン・ワークショップ。主に母乳育児についての悩みを話し合う場所だけど、いろんなことで困った時に、たすけて!って言える、そしてお互いに支え合える場所を作りたかったんだって。

私はまだ母乳育児の、というか育児全般の苦労や喜びを知らない。

最近、出産のことや赤ちゃんのことをいっぱい考えていた。

その話を友達にしたら、
「それも大事なことだけど、産後の母親になる自分自身に対するケアは考えてる?少し大きく構えて、出産後のことを今のうちに考えおくと、楽だよ。例えば、パートナーとどんな感じで協力していきたいかとか、何かうまくいかなかった時、どんなリソースがあるのか調べておくとか。」と友達にアドバイスをもらった。

困ったり、苦しい時に「あそこに行ってみよう」「一人で悩まなくていいんだ」って思えたらいいかなと思い、早めにこのワークショップを体験しておくことにした。

集まったのは20人くらいの母親と、生後2週間から3歳くらいまでの子どもたち。会場はコミュニティセンターのようなところで、「ナッツフリー、セントフリー、ピクチャーフリー」が大原則。つまり、ピーナッツアレルギーの子どものためにナッツを持ち込まない、同じ理由で香水やにおいの強い整髪料をつけない、そして写真を絶対撮らない、ということ。

マットがひいてある床に座れるスペースを囲むように椅子がサークルに置いてある。授乳クッションもそこにあるので、お母さんたちは各々座りたいところに、座りたいように場所を確保し、簡単な自己紹介のあと、悩みを自由に話し合い、アドバイスを与え合う。

もう一つのきまりごとは、
「子どものことを一番わかるのはその子のお母さんだから、
アドバイスが自分の子に合わないと思う時は、それを無理に実行しなくていい。
ただチョイスとして、情報としてそこにあることを覚えていてほしい」
ということ…

くたくたパンケーキ

Image
久しぶりに予定が丸一日なかったので、

くたーんとして過ごした1日。

掃除くらいしかしなかったよー

マイケルの一番好きな朝ごはんはパンケーキ。


チョコチップで目と鼻つけた クマパンケーキ おはよう!

今までいろんな分量で試したけど、一番簡単で、くたくたでも作れちゃう好きなレシピは、


たまご一個バター テーブルスプーン1半(とかしてね)牛乳 4分の3カップ

この三つを1リットルの計量カップの中で混ぜて、そこに


ベーキングパウダー ティースプーン1お砂糖かハニーかマラセス テーブルスプーン1ケーキフラワー 1カップ

をいれてさらに混ぜて、
ちょっとのバターを熱したフライパンに、丸く落として焼くだけ。

ボールもお玉も使わない。超かんたんだけど、ふわふわでおいしいよ。

私はバターとハニーで食べるのが好き。マイケルはそこにちょっと苦めの濃いマラセスも加えます。

今日はいろいろ楽しみなことがいっぱい。
はりきっておでかけー!

Have a lovely day!

I miss your face.

パリテロがあった日、眠れなかった。

それはテロのニュースが純粋に怖い、と思ったのもそうだし、
犠牲者の方やその場に居合わせた人たち、住んでる人を思うとどんな気持ちなんだろう。
コンサートを開いたバンドの人たちはどんな気持ちでいるんだろう。
誰がしたんだろう。何があったんだろう。
カナダはどうだろう。シリアでの活動を変えるっていってるし、
それはそのまま実行に移されるのかな?
日本はどうだろう?日本も標的になるのかな?

いろいろ思ったのもそうだし、

そして、いろんなニュースサイトで真っ先にたくさんの人たちが
「難民受け入れをするからこうなるんだ」
とコメントをしていたことにすごく腹が立ったのもひとつ。
カナダのニュースサイトでも、「難民受け入れをやめるべきだ」という書き込みが目立った。

テロを襲った同じバイオレンスを逃れて安全な場所を探す人たちの痛みは
共有されないの?
そのバイオレンスの一因かそれ以上が、「へいわ」に暮らす「ウェスト」にあるとしても?

ジュディス・バトラーが911のあとに、
世界には「グリーバブル・ライフとアングリーバブル・ライフ」、つまり悲しまれる命(もしくは悲しむ価値のある命)があり、そうでない命があると言った。その区別がメディアを通してつけられるとき、「わたしたち」はどちら側で戦争に加担しているのか、無関心を装いながら、気づかないところで心情にフィルターがかかっている、というのがわかる。(バトラーの最新の記事はこちらから:http://www.versobooks.com/blogs/2339-judith-butler-precariousness-and-grievability-when-is-life-grievable)

フェイスブックで多くの人がフランス国旗にプロフィールを変えたとき、
それに意味があるのかと問題提起がなされていたけれど、

そこで私が強く感じたのは、私たちは知らない間に
誰かにより共感し、あるいは味方し、誰かの死の重みを考えなくていいように「慣らされ」、いつの間にか「戦争にいる」ということ。

一つの死が持つ重みがコンテクストで変わり、一人の生が持つ意味も変わる。
それがメディアや言葉を通して作り上げられ、広められる。

顔のない犠牲者。顔のない難民。空爆の被害者はただの数になる。
その顔が見えないまま、様々な思惑の元…

カサロマとラヴィーン

Image
アルコアベーカリーで朝ごはん。
ここで働く人と出産予定日が近くて、よく声を掛け合ってる。
もう3年くらい知ってる彼女なので、なんだか縁を感じる。

朝ごはん中にテレビで天気予報が、例年より今日は7度暖かいというので、
マイケルと午前中になんとか仕事を片付けて遊びに行こうということになった。

仕事をして、
お弁当をつくって、
おでかけー♪

カサロマに久しぶりに行ったよ。(中には入らないけど)

暖かいので、外で読書する人も
そのあと、ノードハイマー・ラヴィーンへ。 歩き回って写真を撮ったよ。 いっぱい鳥やリスがいて、まだ紅葉した葉っぱも残ってた。
風邪で紅葉を楽しめなかったので、ちょっと遅くなったけどきれいな道を歩けて良かった!




ゆっくり2時間くらい歩いたよ
そのあと、家までも歩いた。 途中のかわいいスイーツショップLEAH'Sでちいさなタートルというキャンディを買って、 公園で休憩したりして。 かわいいでしょ
本当にすてきな天気だったー。
帰ったら急に疲れておやすみ。その間にマイケルがキムチ鍋を作ってくれたよ。 天気が来週末も良かったら、また散歩に行きたいな。

近くと遠くから贈り物

Image
土曜日の朝、ホスピタルツアーへ。
まだどこで産みたいのか決めていないのだけど、緊急時などは病院で産むこともあるわけだから、どんなところかどうか見ておきたかった。
病院はとても大きくて、きれいだった。
バースセンターの見学もこれからあるので、いろんなオプションを考えながら決めていけたらな。


病院の帰りに、不在票を持って郵便局へ。
ふるさとの友達が小包を送ってくれた。
箱を開けてみると、高校時代からの友人の連名で手紙と、安産のお守りが入っていて、
他にたくさんのお菓子と、生姜湯などの冬にいいもの、そして謎のはにわが(吉野ケ里遺跡から連れて帰ってきたんだって)入っていた。

小包の一部 はにわ絶妙にかわいいのだ

今までありがたいことに、とても順調な妊婦生活を送らせてもらっているので、
元気な赤ちゃんを産むまで気を抜かずに、出来る限りの事をしようってすごく元気が出た。

本当にありがとう。すごくうれしかったよ!!

その日の夜、友達のビクトリアの誕生日パーティへ。
マイケルの大学時代からの友達で、トロント外からも懐かしい友達が集まり、
マイケルもとても楽しそう。

マイケルの親友のケーシーとは特に楽しそうで、マイケルのはじけた笑顔が見れて私も幸せな気持ちになった。

夜が更けて人がだいぶ帰ったところで、ビクトリアが大きな袋を持ってきた。
「これ、赤ちゃんにプレゼント」

袋の中には、ベビー服とベビーブランケットが二枚。
しかも、手編み!!すごく柔らかで、心がこもっていて、言葉が出なかった。

ブルーと紫のブランケット

今まで本当にたくさんの人から数え切れないくらいのヘルプがあって、ここまできた。
近くからも、遠くからも、みんなのたくさんの気持ちがありがたい。

本当にありがとう。

準備とスカンジナビアレストラン

Image
今週のミッドワイフ検診も無事に終わり、
いろんな具体的なお産についてのプランを話し合う。

怖いなあと思う気持ちが半分、
胎動を感じながら早く会いたいなあと思う気持ちが半分。
「準備万端」っていう気持ちに果たしてなるのかわからないけど、
いろんな情報や感情をプロセスしながら、進んでいきたいな。

ミッドワイフ検診が終わって、マイケルとスカンジナビア・レストラン、カレリア・キッチンに行ったよ。(Karelia Kitchen 1194 Bloor Street West)

前回行った時もブログに書いたけど、とてもかわいい、ヘルシーなレストラン。
サラダの種類が豊富で、コールドもホットもランチあります。お酒も飲めるよ。

店内はこんな感じ

今回私が注文したのはバターミルクチキンとカブのポタージュ。

11ドルくらい
ここでとても楽しみなのが、デザート。 かわいいし、あんまり甘くない優しい味のスイーツがいっぱい。
ああ、全部食べたいー

ハンガリーのケーキ、ドボシュトルタをいただきました。 でも、原則は外で甘いもの食べないのが最近のルールなので、半分食べてマイケルにあげたよ。
チョコのレイヤー カラメルのコーティング
フレンチプレスのコーヒーもとてもおいしい。 量も味もちょうどいい感じなので、食べ過ぎた感じもないし、 すてきな気分でレストランを出れるよ。
今週はつわりが戻ってきたみたいで、なんだか苦しかった。 仕事も家事もっていうのができなくて、仕事はしたけど、マイケルにほとんど全部家事をしてもらった。 おかげで、少しずつ気持ちも体も上向きになってきた。
友達からベビーシャワーの招待状を送ったという連絡も来て、なんだか周りも盛り上がっている。私たちも週末は今週新たにもらったベビーグッズを整理して、持ってるものリストをつくろーっと。

久しぶりのJタウン

Image
今日はカナダはremembrance day。毎年いろいろ調べたり、考えたりすることがあるんだけど、なんだか今年はあんまり何にも感じなかった。

どうしてかな。「殺される」と「殺す」ほう、どちらからもの議論やストーリーテリングがメディアであまりなされていないからかな。自分の中で何か変わっているからかな。
テレビでの特集などをすごく距離をとって見ている、もしくは見るのを避けたい自分が今年はいて、不思議だった。

きっとおいおい、この自分の変化が何かわかってくるのかな。
ポピー
お昼から友達がJタウンに連れて行ってくれた〜

4年半のトロント生活でまだ今回が2回目。 遠いので車がないと行きにくいのが、あんまり行ってない主な理由。 それから最近ではダウンタウンでもおいしい日本食食べれるし。
Jタウンはマネジメントが変わったのかな? 本屋さんとか雰囲気ががらっと変わっていた。
エビフライカレーライスを食べて、 スナックにお肉屋さんの牛肉コロッケ。 おやつに八つ橋とシュークリーム。
めっちゃ食べてる。。。苦笑
マイケルにJタウン行くけど、何か買ってきて欲しいものある?って聞いたら、
缶コーヒー!!だって。
なんか、日本に住んだことのあるカナダの人、缶コーヒー恋しいっていう人多いよね。 日本にいたときはティムズのコーヒーを恋しがっていたのに、変なの。
いつもこういう日本環境に入ると、 忘れていたものを目にして、ああ、これもあれもそういえば存在していたなあ。 食べたいなあと、日本シックに余計なってしまう気がする。

とってもきれいな紅葉 バラの花が一輪まだ咲いていたよ

思い出さずに生きていけるものって多いし、 それにない生活に慣れてしまえば、無いならないで困らないもんね。 カナダにあるもので暮らす知恵や方法も開拓していくし。
特売になっていた白玉粉とゆであずきの缶詰を買ったよ。 本当は日本のお米も買いたかったけど、家まで運べそうになかったのでパス。
この友達とは週1で会うのがペースになっていたんだけど、
ちょっと遠くにすんでるので、一人で行くのはそろそろやめておいたほうがいいのかなあ?

最近は見た目で妊婦というのがわかるみたいで、TTCのどんな乗り物でもサッと席を譲ってくれる。自然に小学生の男の子や、年配のおじいさんまでしてくれて、なんだか席をかわってもらうの申し訳なく思うときもある。

ほっぺにちゅっちゅっ

Image
凄まじい空腹感は2、3日続いて去り、

今度は凄まじい疲労感に襲われております。。

ああ、眠い、だるい。

昨日も2時間歩いてみたけど、もうなんか腰が痛くなりそうだった。

妊娠中期のエネルギーや快調さは後期に入った途端何処かに行ってしまって、
初期の症状が短いスパンで戻ってきてる感じ。

休める時にしっかり休んで、
お仕事には集中できるように。

新しい仕事も順調で、監督さんがとても優しい。
何が優しいってメールの書き方が優しい。
結構心のエネルギーを消耗するプロジェクトだけど、
がんばろうー
あ、そういえば、前に取り組んだプロジェクトが、ポートランド、ルーネンバーグに引き続き、ハワイの国際映画祭で映画が上映されることになったよ。
ハワイにクルーみんな集まれ!同窓会しよう!って招待状きたけど、
飛べないよ、行けないわ。
残念だけど、本当にあのときの努力が今実ってる感じでうれしい。

昨日はマイケルのいろいろがひと段落ついたので、小さなお祝いに金魚のランチを食べに行ったよ。

とんかつランチ。いつもは幕内ランチを食べるんだけど、なんだかがっつり豚肉食べたかった。

じゃじゃじゃじゃーん おいしいよーん
金魚のランチは、ご飯とお味噌汁おかわりしていいし、 おいしいから安心して行けるし、日本食食べたいけど自分で作りたくない時、本当に助かっています。ちょっとうちから遠いのであんまり行けないんだけどね。
夜はマイケル父がやってきたので、ディナーをベトナム料理屋さんで食べたよ。 義父はヨーロピアンなので、ほっぺにチュッチュってするんだけど、昨日私避けようして、危うく口にチューしそうになって焦ったー
いやー、ちゅっちゅには未だに慣れない。 何度されても苦手。首の動かす方向とかわかんない。 自分でしようとも思わないし。
しかも義父は2メートル身長があるので、ハグされる時も、窒息しそう。
握手じゃダメ? ちゅっちゅしなきゃダメ?? また来月あたり、父来るのかなー

子どものように泣く女

はい、

それは私です。


ここ数日、空腹感がありえない。。

ほんとに、お腹が底なしになったみたい。
カロリーは少し多めに取らないといけないけど、そんなに食べたらダメだし、
糖分や塩分には気をつけないといけないので、

我慢して仕事。

レポートを終わらせたらご褒美に、昨日の夜の残りの照り焼きハンバーグとサラダを少し食べようと決めて、ルイボスティーを飲みながら、脇目も振らずにがんばった。

数時間経って、もうお腹がぺこぺこ。
楽しみにしていた小さなハンバーグをレンジでチンして、
サラダの上に乗っけて、
マイケルの勉強してる部屋で食べ始めたら、

マイケルが隣に座って、頂戴というので、一口のつもりであーん、したら、

ぱくんって。

え??この人、全部食べた!!

私のハンバーグ!!!!!


私が固まってるのを見て、マイケル、しまった!!って顔したけど、時既に遅し。


もう悲しすぎて、お腹が減りすぎて、
涙が出てきたよ。


レタスをむしゃむしゃしながら、真剣にぼろぼろ泣く私の隣で、
マイケルはおろおろ。。。


なんであんなに悲しかったんだろ?
なんでこんなにお腹が空くの??

サラダの後、同じく残り物のポテトも食べたらちょっとは空腹感がおさまった。

マイケルに、食べ物のことであんなに悲しそうに泣く大人を初めて見たよ。
僕に怒っているとかじゃなくて、本当に悲しそうだった。
ごめんね。

と笑われた。(あやまってくれたけど_

これもホルモンバランスの影響なんだろうか?
それとも仕事でえらい暗いトピックをリサーチしてるからかな?

お昼寝から起きたら、マイケルが夕食を作ってくれていた。
マイケルもびっくりしたよね。ごめんね。
適度に我慢しながら、バランスの良い食事でのりきりたいなー


久しぶりのディナー

ベイビーシャワーに参加できないからと、
ウィンシーとアイリーンがお祝いのディナーをしてくれた。

二人とは大学院で一緒。
学科は違ったけど、学科をまたいで生徒同士でメンターできるシステムを作ろうと意気投合して、3人で学部に掛け合ってメンタープログラムを立ち上げた。

私たちの卒業後も後輩が引き継いくれ、メンバーはどんどん増えているんだって。
小さなアイディアを形にすることで、次の生徒が同じことで悩まなくなるといいねと話していたので、多くの人に役に立つプログラムになっていることがうれしい。

アイリーンがオタワで就職したので、3人揃うのはシーズンに一回くらい。

3人でおなかいっぱい食べて
おなかいっぱいおしゃべり。

あー、久しぶり楽しかったー!!


ギフトやカードも用意してくれて、
本当に気持ちがとてもあたたかくて、ありがたい。

3人それぞれ違う道を進むけど、
こうやって良い関係が長く続けていけたらいいな。

反省とチャンス

新しい仕事の話。
時期が時期なだけに受けるか迷ったけど、
カナダの大自然とアートを融合させた面白くて綺麗な作品を作る監督さんだったので、インタビューだけでも受けることにした。

電話のインタビュー。

ドキュメンタリーの仕事から離れていた時間、家のことに集中していた時間、
自分をすごく客観的に見れたというか、反省して次に活かしたいなあと思っていたことが一点あった。

それは、コミュニケーションを「イコール」の立場でとること。

私は大学院の時、教授のことを卒業まで「プロフェッサー」付きで呼んでいた。
それが自分なりにしっくりきたし、「日本で育った」自分にはそれが身の丈に合っている気がしたから。

自分が仕事をしていく中で、「きつね」とカジュアルに呼ばれることはいいけど、ボスのことや先輩のことを呼び捨てにするのはすごく抵抗があったし、自分の「身の程」というか、相手を立てるということをすごく気にしてしまっていた。それに、このインダストリーでの知識も経験もなくて、初心者で、自分にできることはとても小さいと思い込んでいた部分もあったと思う。

カジュアルに取るコミュニケーションが、表面だけの付き合いのような気がした。だけど、表面に気を取られていたのは自分だったんだなあって気がついた。

カジュアルに接したり、フランクに意見を言う中に、礼儀がないわけではないし、マナリズムがカジュアルだからって間柄が実際に近いわけでない。逆に私の控えめなコミュニケーションの取り方は、そのまま自信のなさの表れと写っていたのかもしれない。

ビジネスの関係、チームの関係の中で一番効率の良いコミュニケーションの仕方が言語的な距離を近づけて、接することであるなら、その流れの中で頑なに硬くなっている私はなんだろう?

せっかくクリエイティブなフィールドで、私の意見を求められて仕事をしていたのだから、怖がらずに、もっと積極的に自分を出してよかったんじゃないか。

それに、自分が指示を少なからず出す立場になる時がこの数ヶ月あって、同僚がいつまでも「ポライトすぎる」となんだかウズウズしてしまう自分にも気づいた。いろんな挨拶や通りいっぺんのメッセージはいいから、要件はなんなんだ??

って。

自分にしっくりする形が変わってる。

自分にできることが見えている。そしてそれは決して小さくない。

じゃあちょっと、新しい形でやってみよう。


ゴールデン

Image
最近の朝ごはんはマルチグレインのパンをトーストして、少し無塩バター、マラセス、きなこをのせて食べるのにはまってる。
色も元気が出るゴールデン
マラセスが黒蜜みたいだから、黒蜜きな粉。マラセスは鉄分が多いし、メープスシロップに比べて安いので大好き。

スモーキーなフレイバー

友達のお家に遊びに行ったら、
すき焼きのランチをごちそうになった♪
日本の新米を手に入れたからと、もてなしてくれたのだけど、
やっぱり新米はほっこりして、ぷちぷちして、おいしいなあ。

私より数ヶ月先に出産した彼女は、カナダ生活も妊婦生活も先輩なので、
いろいろ話が聞けて、そして実際にニューボーンの赤ちゃんに触れられて、
とても大きな支えになってくれている。

ゴールデン
今日は天気も良かったので、一緒に近所を散歩。 今週はあったかいみたい。トロントの11月とは思えないほどの陽気。
この陽気で冬眠から目覚めてしまっているのが、てんとう虫。 最近至る所でてんとう虫を見る。 本当は春まで寝ていないといけないのに、変な時期に起きてきちゃって、これから寒くなるのにどうするのかなあ?
この本、興味ある
昨日、急にカブが食べたくなって、 カブとキノコと鶏肉のスープを作った。 生姜も入れて、あったかくしたよ。
夕日もゴールデンだったよ
てんとう虫も出てきちゃっているし、もうちょっと、できるだけ長く、この暖かい秋が続いて、マイルドな冬を迎えますように。

祖母とベビーとクッキー

Image
母方の祖母に会いに行く夢を見た。
夢の中で祖母はすごく元気で、会えてとてもうれしかった。
夢の中で私は遠くカナダなんかに嫁いだから、祖母に頻繁に会えなくなったんだなあと考えていた。

あんまり現実感がありすぎて、
マイケルに話しながら、ああそういえば祖母は亡くなっていたんだとはっと気がつき、
涙が止まらなくなるという一日のはじまり。


マイケルがなんだかとても不思議な夢だから、忘れる前に書き留めておいた方がいいよと言ったので、ベビーシッターに行く前に急いで全部書いた。
英語にも訳した。
訳しながら、ふと、もうすぐ祖母の命日だと気がついた。


ベビーシッターはだいぶ慣れてきた。
一緒に遊ぶの、楽しいし、週に2回くらいの頻度で会うので成長が目に見えて驚くことばかり。こどもって本当に毎日、すごい速さでいろんなものを吸収してるんだなあ。メープルの落ち葉を拾って、私に差し出しながら

「Twinkle」

って。そうだね、お星様みたいにみえるよね。

Twinkle twinkle little star. How I wonder what you are.


今は鉄分が不足する時期だと聞いたので、家に帰ってロールドオーツでクッキーを焼いた。オーツは鉄分もだけど、食物繊維とミネラルが豊富で便秘にもいいんだって。


体重調節のためにスウィーツを外で絶対買わない、 その分食べたいスウィーツは自分で作る努力をする、 つくったら適度に食べる
作戦、今のところ良くきいていて、体重増加は理想値の枠内。 お料理の知識も増えるし、一石二鳥だね。




手作りメロンパン

Image
トロントで時々無性に食べたくなるけど、
あんまりお金は出したくない食べ物。

メロンパン。

メロンパンが4ドルとかたまに見るけど、
高すぎるー!

意地ででも買わない。

なので、作ってみることにした。

クッキー生地とパン生地を別々に作って、クッキー生地で優しく包み、グラニュー糖をまぶしてオーブンで焼く、という工程はとてもシンプルなんだけど、

なんか面倒くさかったー。
パンを作ること自体がすごく私にとっては新しい作業なので、戸惑った。
だけど、手ごねの作業、結構好き。



出来上がったメロンパンは、クッキー生地がちょっとカリカリしすぎたので、
また違うレシピで挑戦してみよーっと。

ぶらぶらデート

Image
ハロウィンパーティに行くのはちょっと気が引けたので、
おうちでマイケルと生地からピザを作り、ディナー。

私のは牛ひき肉と玉ねぎ、茄子、トマトソースとチェダー&モッツァレラチーズ。
マイケルのはブロッコリ、ケール、玉ねぎ、きのこ、ゴートチーズ。
どっちもおいしかったー!!

ディナー中に近所の子供の「トリックオアトリート」の声が聞こえた。
私たちの部屋は二階で入り口がわかりにくいので、ほぼ誰もこないんだけど、
近所はファミリーが多いので、結構にぎわいます。

ディナーの後はブランケットにくるまりながら、
ハロウィンらしい映画を見たよ。

ドニー・ダーコ!
とても気味の悪いうさぎのフランク
ディレクターズカットで長めのバージョンを見たのだけど、 全体的にとってもよくできている映画だった!!一つ一つのシーンの撮り方がとても好き。不気味な映画で怖いけど、でも考えさせられるいい映画。
今日はオジントンへお出かけ。いつものカフェで本を二時間くらい読んで、 そのあと、パークデールにあるgrand electricへランチへ。
中は結構狭い 夜は行列ができる人気店
アメリカ南部がテーマのバーで、バーボンの品揃えがとてもいい。 飲めるようになったら夜、飲みに来たいなー。
ランチメニューはこんな感じ
グアカモリチップスとポークベリーのタコス、スパイシーチキンのタコスを頼んだよ。 チップスは揚げたてで美味。グレープフルーツジュースは搾りたて感バッチリですっきり!!
ポークベリーはとてもテンダーで、マンゴーとパクチーとスパイスがよくあって超おいしい!チキンはスモーキー。本当にからくて、首の後ろからひりひり汗がにじんだよー でもおいしかったー!
また是非食べに行きたいなー!(ウェブサイトはこちらから。住所 1330クイーンウェスト)
マイケルも同じ量食べたけど(プラス私のスパイシーチキンを半分ほど)お腹はちょうどよく満たされました。バーで食べたから、店員さんともお話できて楽しかったし。
ヤミーーーーーーーー!!
今日もぶらぶら、一時間くらい歩いたかな?レコード屋さんに行ったり、紙屋さんに行ったり。クイーンウェストとオジントン、大好き。
マイケルは最近ストリートフォトグラフィーにはまってて、写真を撮りまくるんだけど、知らないうちにシャッターが押されてた一枚。
お腹大きくなってるよ この写真、なんか…